東京都

五輪予算232億円付け替え 担当外の局に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都が負担する五輪施設整備費の見込み
東京都が負担する五輪施設整備費の見込み

 2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、東京都が少なくとも232億円の関連費を担当局以外の予算に計上していることが分かった。都の施設整備費は高すぎるとして2241億円に圧縮されたが、それで足りない分を「付け替え」で見えにくくしている格好だ。大会組織委員会に求められている負担分などを合わせると、都の五輪施設関連支出は3104億円以上となる。【柳澤一男、林田七恵】

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文931文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集