メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

意味や解釈を超えて 人が生きていく手応え

 ぜひご覧いただきたい映画。ハリウッドの大作などと違い、放っておくと、公開されたことも知られないままになる恐れがあるので、敢(あ)えて申し上げます。

 といっても、お勧めしにくいところばかりが目立ちます。だって、ジョージア(グルジア)の田舎にある島に、とうもろこしを植えるというたったそれだけのお話ですよ。ほとんどの場面には1人か2人しか登場する人がいないし、おまけに極端に寡黙。最初の台詞(せりふ)が出てくるのは映画が始まって20分も経(た)った後ですから徹底してます。映画祭では評判になっても一般公開では観客がそっぽを向く作品の代表みたいですね。

 でも、アートの先走った、独りよがりの映画ではありません。そこに人間が生きているという手応えがあるか…

この記事は有料記事です。

残り1398文字(全文1742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです