メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 国の進路、批判合戦 クリントン氏「経験」 トランプ氏「転換」

 【ヘンプステッド(米東部ニューヨーク州)清水憲司】11月8日の米大統領選に向け、初の直接対決となった26日のテレビ討論会は、民主党ヒラリー・クリントン候補(68)が「豊富な知識と経験」を、共和党ドナルド・トランプ候補(70)は「既存体制からの転換」を前面に出す作戦をとった。両候補は投票先を決めていない約2割の候補者取り込みを目指して、相手の批判を繰り広げた。

 クリントン氏は「闘志」を感じさせる真っ赤なパンツスーツのいでたちだ。討論会の冒頭、「問題は米国がど…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです