六呂師高原

リフト2基、人工芝を整備 スキー体験施設 県、12月オープンへ /福井

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スキー体験施設が整備される六呂師高原=福井県大野市南六呂師で、福井県提供
スキー体験施設が整備される六呂師高原=福井県大野市南六呂師で、福井県提供

 県は26日の県議会産業委員会で、大野市南六呂師(ろくろし)の六呂師高原スキー場跡地に整備するスキー体験施設の概要を明らかにした。長さ100メートルと200メートルの簡易リフト2基を設置するほか、ゲレンデの一部に人工芝を敷き、夏場もグラススキーを楽しめるようにする。指定管理者を大野市とする条例案を開会中の定例県議会に提出しており、12月23日のオープンを目指す。【岸川弘明】

 スキー場や隣接施設を運営していた六呂師高原協業組合が2012年に経営破綻し、リフトも撤去された。再整備を求める大野市や地元住民の声を受け、跡地を所有する県が今年度当初予算に事業費約1億1200万円を計上していた。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文512文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集