メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塩屋醸造

須坂の老舗蔵元でみそ仕込みに挑戦 住民ら20人、安曇野産大豆で /長野

みそを仕込むため、大豆に、こうじと塩をしっかりと混ぜ合わせる参加者=須坂市新町で

 須坂市新町で300年続く老舗のみその蔵元「塩屋醸造」で24日、みその仕込み体験が開かれた。11代目の上原太郎さん(49)らを講師に、地域住民ら約20人がオリジナルみそ作りに挑戦した。

 江戸−明治期に建てられた蔵は国の登録有形文化財に指定され、近年ではダンスイベントやピアノコンサートなどにも活用している。歴史ある蔵を広く知っ…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです