メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出雲大社

「安全性確保できない」 「庁舎」問題で見解 予定通り建て替えへ /島根

建築家らが保存を求めている庁舎。出雲大社は「劣化で安全性を確保できない」としている=島根県出雲市の出雲大社で、山田英之撮影

 平成の大遷宮事業で計画されている境内の建物「庁舎(ちょうのや)」の建て替えを巡り、出雲大社(出雲市大社町杵築東)は26日までに、「庁舎改築に関する見解」をホームページに掲載した。庁舎保存を求める建築家らの声に対し、「コンクリート本体、金属部の劣化が進み、安全性を確保できない」としている。出雲大社は予定通り、建て替えし、大遷宮事業が終了する2018年度末までに新しい庁舎を完成させる方針。【山田英之】

 庁舎は1963年に完成。著名な建築家の菊竹清訓(きよのり)(1928〜2011年)が設計した。鉄筋コンクリート造り一部2階建て。社務所や宝物の展示場の役割を果たしてきた。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです