メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出雲大社

「安全性確保できない」 「庁舎」問題で見解 予定通り建て替えへ /島根

建築家らが保存を求めている庁舎。出雲大社は「劣化で安全性を確保できない」としている=島根県出雲市の出雲大社で、山田英之撮影

 平成の大遷宮事業で計画されている境内の建物「庁舎(ちょうのや)」の建て替えを巡り、出雲大社(出雲市大社町杵築東)は26日までに、「庁舎改築に関する見解」をホームページに掲載した。庁舎保存を求める建築家らの声に対し、「コンクリート本体、金属部の劣化が進み、安全性を確保できない」としている。出雲大社は予定通り、建て替えし、大遷宮事業が終了する2018年度末までに新しい庁舎を完成させる方針。【山田英之】

 庁舎は1963年に完成。著名な建築家の菊竹清訓(きよのり)(1928〜2011年)が設計した。鉄筋…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです