メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊サッカー

Jリーグ導入 第三者評価「フットパス」 育成強化へ改善点知る

日本クラブユース選手権(U15)大会で激しくプレーする選手たち。フットパスで厳しく調査することで育成部門の強化を目指す

 Jリーグは各クラブの育成部門を強化するため、「フットパス」と呼ばれる評価システムを本格導入している。J1、J2の全40クラブのアカデミー(育成部門)が対象。若手育成の先進地である欧州のトップリーグに近づく一歩となるか、取り組みの成果が注目される。【鈴木英世】

 「フットパス」はベルギーのダブルパス社が開発した、育成部門の評価システムだ。同社は各クラブから提出された資料の検証や、関係者のヒアリングなどを通じて、それぞれの育成部門の現状を採点する。第三者機関による銀行の格付けにも似ているが、今後の改善点などについて提言するのもフットパスの特徴だ。調査スタッフには、かつて浦和、京都などを率いたゲルト・エンゲルス氏もいる。

 現在、ドイツ、イングランド、米国などの各リーグやベルギーのクラブなどが取り入れている。先陣を切って…

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1814文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです