メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

選考対象から外れたら 相手思い「きれいな別れ」を

愚痴っても始まらない

 仕事でも恋愛でも、出会いがあれば、別れがあります。今まで良好だった関係も、さまざまな理由でこじれてしまい、別れてしまうことがあります。別れた後、どんな対応をするかで、結構、人間性が見えてきます。

 別れた直後は、頭に血が上っているようなもの。自分は悪くない、と誰でも自己弁護しがちです。問題はこの自己弁護の手段。単に自分一人で抱えているか、せいぜい、親しい友人などに愚痴る程度ならまだいいでしょう。が、その愚痴も1カ月、2カ月と続く、1年たってもまだ引きずる、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)にも悪口を書かないと気が済まない……となると、これは結構な重症です。

 しかも、いくら愚痴や悪口を言っても、過去の関係が戻るわけではありません。それどころか、「別れ話をい…

この記事は有料記事です。

残り1663文字(全文2011文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです