メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少女誘拐

「監禁意識ない」起訴内容一部否認 初公判

捜査員に付き添われて病院を出る寺内樺風容疑者=静岡県伊豆の国市で2016年3月31日午前9時3分、垂水友里香撮影

 埼玉県朝霞市で2014年に行方不明になった当時中学1年の少女(15)が約2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(24)は27日、さいたま地裁(松原里美裁判長)の初公判で、未成年者誘拐罪については「事実に相違ありません」と起訴内容を認めたが、監禁致傷罪は「(誘拐直後の一時期を除いて)そういう意識はありません」と一部否認した。

 午前10時半前に入廷した寺内被告は、髪を短く刈り込んで黒縁メガネをかけ、紺のスーツ姿。鋭い目つきで…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1419文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 川栄李奈、夫・廣瀬智紀の“二股”報道に「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです