アフリカゾウ

象牙の各国国内市場閉鎖求める決議案議論へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

ワシントン条約の締約国会議の第2委員会

 【ヨハネスブルク小泉大士】ヨハネスブルクで開かれている野生生物の国際取引に関するワシントン条約の締約国会議の第2委員会は26日、深刻化するアフリカゾウの象牙を狙った密猟対策として、各国に国内市場の閉鎖を求める決議案について議論する。

 決議案は米国やケニアなどアフリカ10カ国が提案した。印鑑の材料や…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

あわせて読みたい

注目の特集