メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAF調査

横断歩道に歩行者 「止まらない」車9割

え・菅野庸平

 信号のない場所で横断歩道を渡ろうとする歩行者がいても、9割以上の車が一時停止していないことが26日、日本自動車連盟(JAF)が公表した自動車運転に関する全国調査の結果でわかった。大部分のドライバーが歩行者優先のルールを守らず、道路交通法に違反する行為が横行している実態が明らかになった。

 調査は8月15日〜9月1日、全国47都道府県の計94カ所で実施。平日午前10時〜午後4時の間に、片側1車線の道路上に信号機が設置されていない横断歩道でJAF職員が横断を試みた。この結果、通過した乗用車と自家用トラックの計1万26台のうち、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止したのは757台と全体の7.6%のみ…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  2. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  3. マイナンバーカード申請書 未取得者に送付へ 普及率向上目指す

  4. 菅首相が初の国連演説へ コロナ収束に向け多国間主義の重要性訴える

  5. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです