メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産・勝連城跡

古代ローマ銅貨が出土 国内初

ローマ帝国のコインとみられる銅貨。右向きの肖像があるのが確認できる=沖縄県うるま市で2016年9月26日、佐藤敬一撮影

 沖縄県うるま市教育委員会は26日、世界遺産で国指定史跡の「勝連城(かつれんじょう)跡」から、3〜4世紀のローマ帝国のコインとみられる銅貨4枚と、17世紀のオスマン帝国のコインとみられる銅貨1枚が出土したと発表した。国内の遺跡から両帝国のコインが出土するのは初めて。勝連城はアジアとの交易で14〜15世紀に栄えたとされることから、市教委は「当時の沖縄と海外との交流を考える貴重な資料になる」としている。

 市教委によると、2013年度に「四の曲輪(くるわ)東区」で遺構調査したところ、小さな円形の金属製品10点を発見。ローマ文字やアラビア文字、人物像が確認されたことから、専門家と分析した結果、5枚が両帝国時代の銅貨とみられることが判明した。

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです