メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

第1回テレビ討論会視聴 過去最多8400万人

 【ワシントン西田進一郎】米調査会社ニールセンの27日の発表によると、大統領選の民主党ヒラリー・クリントン候補(68)と共和党ドナルド・トランプ候補(70)による前日の第1回テレビ討論会を米国内のテレビで視聴した人は、過去最多の推計約8400万人に上った。女性初の大統領を目指すクリントン氏と政治経験がないトランプ氏が初めて直接対決した討論会への関心の高さが表れた。

 これまでのテレビ討論会では、1980年に民主党のジミー・カーター候補と共和党のロナルド・レーガン候…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです