メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移動交番

言葉の壁越えおもてなし 外国人向け、伏見署が府内初 /京都

多くの外国人観光客でにぎわう伏見稲荷大社で、外国人向け移動交番について説明する伏見署員=京都市伏見区で、花澤葵撮影

 伏見署は27日、府内初の外国人向け移動交番の運用を始めた。外国人らが多く訪れる管内の観光地で27カ国語対応翻訳アプリなどを使用しながら、雑踏事故や盗難、落とし物の届け出などに備える。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人とのコミュニケーションの円滑化などを目的とした府警の国際化推進計画の一環。管内…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです