メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サゴシ

「だし」商品化 水揚げから加工、純府内産 京都伊勢丹、舞鶴などで来月発売 /京都

販売されるサゴシの煮干しだし商品(右)=京都市上京区で、野口由紀撮影

 小型のサワラ「サゴシ」の「だし」を、削鰹節製造卸売「福島鰹」(本社・京都市中京区)が国内で初めて商品化した。府北部で水揚げされても利用方法がなく、漁場で廃棄されるなどしていたが、府や府漁業協同組合(舞鶴市)、舞鶴市内の煮干し加工業者と連携し成功した。27日に府庁で試飲会があり、記者も参加。近年人気のトビウオ(アゴ)やタイといった高級だしに匹敵する旨(うま)みとコクがあり、お吸い物や煮物、麺類などにも活用できそうだ。【野口由紀】

 商品名は「京都仕込み 京さわらの旨味だし」。20袋入り(1袋10グラム)1490円。10月1日から…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文911文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 元「モー娘。」メンバー、立憲新人の市井氏が比例で落選
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです