メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
おきゃくトーク

「若見えメーク」に取り組むメーク講師 宮地文香さん /高知

「若見えメーク」で高齢者にメークをする活動に取り組む宮地文香さん=高知市北御座で、柴山雄太撮影

お年寄りの心身若返りに 宮地文香さん(43)

 介護老人保健施設の入所者にメークをすることで、心身ともに若返りの効果を狙う「若見えメーク」にボランティアで取り組むメーク講師・宮地文香さん(43)。活動の成果や今後の目標を聞いた。【聞き手・柴山雄太】

 −−若見えメークとは。

 ◆介護施設に入所している女性の利用者さんに実年齢よりも若く見えるようにメークをすることで、気持ちを若く持ってもらおうという試みです。メークで若返ることにより、気持ちが前向きになって行動も活発になる、そんな狙いがあります。また、メークが認知症の改善につながるという研究もあり、そういった効果も期待しています。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1002文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです