メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おきゃくトーク

「若見えメーク」に取り組むメーク講師 宮地文香さん /高知

「若見えメーク」で高齢者にメークをする活動に取り組む宮地文香さん=高知市北御座で、柴山雄太撮影

お年寄りの心身若返りに 宮地文香さん(43)

 介護老人保健施設の入所者にメークをすることで、心身ともに若返りの効果を狙う「若見えメーク」にボランティアで取り組むメーク講師・宮地文香さん(43)。活動の成果や今後の目標を聞いた。【聞き手・柴山雄太】

 −−若見えメークとは。

 ◆介護施設に入所している女性の利用者さんに実年齢よりも若く見えるようにメークをすることで、気持ちを若く持ってもらおうという試みです。メークで若返ることにより、気持ちが前向きになって行動も活発になる、そんな狙いがあります。また、メークが認知症の改善につながるという研究もあり、そういった効果も期待しています。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文1002文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  3. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです