国交省

建設現場に洋式トイレ義務化 女性も快適に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
洋式の仮設トイレ。工事現場で働く女性を応援する目的で作られた=千葉県市川市の日野興業で山田麻未撮影
洋式の仮設トイレ。工事現場で働く女性を応援する目的で作られた=千葉県市川市の日野興業で山田麻未撮影

 国土交通省は、同省から土木工事を受注した建設業者に対し、水洗機能が付いた洋式の仮設トイレを作業現場に設置することを義務付ける。「快適トイレ」と名付け、10月以降に入札手続きをする工事に適用する。女性が働きやすい建設現場にするのが目的だが、洋式の需要を高めることでレンタル業界での備蓄を進め、ひいては災害時に活用できるようにする「一石二鳥」を狙う。

 建設現場で働く女性の割合は、2012年の国の調査で3%、約10万人にとどまっている。高齢化に伴う人手不足のなか、国交省や業界は女性を重要な担い手と位置付け、19年までに倍増させようとしている。しかし建設現場のトイレは、靴についた泥などで服が汚れやすいのに、和式が中心で女性に敬遠されてきた。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文804文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集