メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都議会総務委

舛添氏、資料提出拒む…政治資金使い道

舛添要一氏=喜屋武真之介撮影

 東京都の舛添要一前知事の公私混同問題で27日、実態究明と再発防止を議論する都議会総務委員会が開かれ、都側が関係資料を提出した。総務委は舛添氏の辞職直前の6月に資料143件(重複や取り下げも含む)を出すよう請求したが、政治資金の使い道に関する資料に関しては舛添氏が協力を拒み、提出は33件にとどまった。

 保存期限を過ぎ廃棄されていた公文書もあり、都は都政改革本部で公文書の保存の在り方について検討する。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです