養子縁組

千葉の業者が不正あっせん…初の事業停止命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 千葉県は27日、営利目的で特別養子縁組をあっせんした疑いがあるなどとして、同県四街道市の養子縁組あっせん事業者「赤ちゃんの未来を救う会」(一般社団法人、伊勢田裕代表理事)に対し、社会福祉法に基づき事業停止命令を出した。養子縁組あっせんでの事業停止命令は全国初とみられる。

 県児童家庭課によると同会は4月ごろ、神奈川県の女性(23)の同意を得て東京都の50代男性とその妻に養子縁組をあっせんした。だが女性は、最終的な意…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集