メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャイナ・ブリーフ

(22)来秋にらみ 中国共産党、人事の季節

広東省書記の胡春華氏=北京で2016年3月6日、工藤哲撮影

動き始めた中国共産党人事

 来年秋の中国共産党第19回党大会に向けた人事が動き始めた。8月下旬に湖南、雲南、安徽の3省と、新疆ウイグル、チベット、内モンゴルの3自治区で一気にトップの党書記人事が発表されたのをはじめ、9月には直轄市である天津市の党書記人事も決まった。10月には第18期中央委員会第6回総会(6中全会)が開催され、党大会に向けた人事のルールなどが議論になる可能性がある。人事をめぐるさまざまな勢力の綱引きも激しくなりそうだ。

 省、自治区政府の書記やナンバー2の首長(省長、主席)はほとんどが中国共産党の最高指導機関と位置づけ…

この記事は有料記事です。

残り3941文字(全文4209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです