メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

仮設整備は都負担 中間報告「開催費3兆円」

整備見直しの検討を求められた施設

 2020年東京五輪・パラリンピックの経費や準備態勢を検証している東京都の都政改革本部「五輪・パラリンピック調査チーム」は29日、都内に設ける仮設競技施設の整備費(最大約1500億円)を都が全て負担することなど、全体費用や役割分担の抜本的見直しを求める提言を盛り込んだ中間報告をまとめ、小池百合子知事に伝えた。12年ロンドン大会を参考に開催費用の総額が3兆円を超える可能性も指摘し、全体を統括する責任者を置くよう提案した。

 中間報告は同日開かれた都政改革本部の第2回会合で公表された。開催費用を抑えるため、ボートとカヌー・スプリントの競技会場を「海の森水上競技場」から宮城県の長沼ボート場に移すことなど、都が既に発注している3恒久施設についても建設中止や縮小を含め再検討するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り1310文字(全文1653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです