メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊外食倶楽部

外国人をおもてなし 銀座のすし屋で「コト消費」 /東京

 10月1日から中国の建国記念日「国慶節」の連休がスタートする。ここ数年は家電機器や高級ブランド品などの爆買いが騒がれてきたが、今年は少し様子が違うようだ。中国人観光客が日本旅行に求めることの変化を探った。【ぐるなび・鈴木裕美】

 銀座の大通りに面した商業施設にある「回転寿司(ずし)酒場 銀座沼津港」を平日の昼間に訪ねると、高級感のあるカウンターで3人の板前が威勢よく、すしを握っていた。欧米やアジア人客がいる。

 手元のメニューを見ると、写真に英語や中国語の表記が添えられている。板前に注文する際、メニュー表を指…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1169文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです