メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊外食倶楽部

外国人をおもてなし 銀座のすし屋で「コト消費」 /東京

 10月1日から中国の建国記念日「国慶節」の連休がスタートする。ここ数年は家電機器や高級ブランド品などの爆買いが騒がれてきたが、今年は少し様子が違うようだ。中国人観光客が日本旅行に求めることの変化を探った。【ぐるなび・鈴木裕美】

 銀座の大通りに面した商業施設にある「回転寿司(ずし)酒場 銀座沼津港」を平日の昼間に訪ねると、高級感のあるカウンターで3人の板前が威勢よく、すしを握っていた。欧米やアジア人客がいる。

 手元のメニューを見ると、写真に英語や中国語の表記が添えられている。板前に注文する際、メニュー表を指…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1169文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです