メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホテルニューグランド

近代化産業遺産 本館耐震工事が終了 4日本格稼働 /神奈川

 経済産業省の近代化産業遺産にも指定されるホテルニューグランド(横浜市中区山下町)本館の耐震改修工事が終了し、10月4日から本格稼働する。

     同ホテルは、関東大震災のがれきを埋めて造られた山下公園の前に「復興のシンボル」として1927年に開業した。クラシックホテルの代表例で、野球の神様・ベーブ・ルースや喜劇王・チャプリンら多くの著名人も宿泊。1992年に市認定歴史的建造物に、2007年に近代化産業遺産に指定された。

     11年の東日本大震災でも大きな被害はなったが、来年の開業90周年を機に、より一層の安全性と心地よさを追求するため今年6月1日から4カ月間、改修工事を実施した。

     工事では、本館2階のロビーや、ダンスを楽しんだり各種イベントを開いたりする「レインボーボールルーム」のしっくい天井の補修に腐心した。天井には全面にレリーフが施されており、この歴史遺産を後世に残すため、耐震構造を組み込んだ天井の一部を原寸大で復元。大地震に耐えられるよう実験を繰り返し、本番では寸分狂うことなく復元できたという。総工費は計約23億円。

     10月4日からは、ナポリタンやプリンアラモードなどの発祥の地というコーヒーハウス「ザ・カフェ」やイタリア語で「庭」という意味のレストラン「イル・ジャルディーノ」、バー「シーガーディアン2」などが営業を始める。同ホテルは「変わらぬ美しい姿で名物料理を提供したい」と話している。【松永東久】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです