メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パラ×コレ

障害者がモデル 笑顔のステージに 人のつながり大事にしたい 来月1日北区 /岡山

本番に向け練習をするファッションショーのモデル役ら=岡山市北区二日市町で、林田奈々撮影

 障害者がモデルを務めるファッションショー「パラ×コレ」が10月1日、北区下石井1のイオンモール岡山・おかやま未来ホールで開かれる。イベントの発起人の長谷川真実さん(55)は「障害者がステージに立ち、スポットライトに当たることはほとんどない。みんなが笑顔で楽しんでくれるイベントになれば」と話し、障害を抱える長男の総一郎さん(28)と本番を心待ちにする。【林田奈々】

 総一郎さんは、生まれつき視覚や運動機能に障害を抱える。当事者の親として、真実さんが気になっていたのがファッションのことだ。着る服は親が選ぶことが多く、どうしても世話のしやすさが優先される。真実さんは「外出と言えば病院か、仕事をする作業所くらい。若者らしくおしゃれをする機会がない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  4. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  5. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです