メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察犬

独眼の警察犬出動 県警が嘱託 シェパードの半兵衛「くじけず訓練」 /香川

足跡の追跡を訓練する半兵衛と見守る亀山篤志さん=香川県丸亀市の丸亀警察犬訓練所で、待鳥航志撮影

 緑内障で左目の視力を失いながらも、警察犬になるための挑戦を続けた犬がいる。丸亀警察犬訓練所(丸亀市飯野町東二)で育った雄のシェパード、半兵衛(9)。人間で言えば50代半ばから60歳ほどというが、今春、県警嘱託の警察犬に見事選ばれた。9月には捜索のための初出動も経験。学校で子どもに訓練の様子を披露することもある。訓練士の亀山篤志さん(30)は「ハンディキャップがあっても、できることを教えてくれた。勇気や希望を周囲に与えられるように活躍してほしい」と期待を込める。【待鳥航志】

 丸亀警察犬訓練所によると、シェパードには骨格や容姿が整い展覧会に向いたタイプと、能力が高く訓練に向…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです