メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア機撃墜

親露派地域から発射 中間報告

 【ブリュッセル八田浩輔、モスクワ杉尾直哉】ウクライナ東部で2014年7月に発生したマレーシア航空機撃墜事件で、オランダやウクライナなど5カ国の合同捜査チームは28日、ロシアから親露派武装勢力の支配地域に持ち込まれた地対空ミサイルにより同機が撃墜されたとの中間報告を発表した。撃墜者の断定は避けたが容疑者を100人まで絞り込んでいると述べ、親露派武装勢力による関与を強く示唆した。

 事件ではアムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空17便が高度1万メートルを飛行中に撃墜され、乗客乗員298人全員が死亡した。調査報告は、回収した機体などの破片や通信記録、衛星写真などを分析した結果、同機を撃墜したのはロシア製の地対空ミサイル「ブク」と断定。発射場所は親露派支配下のウクライナ東部ペルボマイスキー近郊の農用地と特定した。ロシア領から持ち込まれ、運搬車両は撃墜後にロシア領に戻…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです