メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読みトク!経済

サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 新たな金融政策、枠組みは?=回答・安藤大介

日銀、長期金利0%目標に 国債購入の「量」から転換

 なるほドリーマン君 日銀が金融政策の枠組みを変えたというけど、どういうこと?

 記者 日銀は、黒田東彦総裁が就任後の2013年4月に、2年で2%の物価上昇率を達成するという目標を掲げて、「異次元」と呼ばれる大規模な金融緩和策を導入しました。日本経済が長年にわたるデフレから脱却して、元気を取り戻すためです。

 しかし、導入からすでに3年半がたったにもかかわらず、足元では物価上昇率はマイナスに落ち込むなど、目標達成はいつになるか分からない状況です。このままでは信頼が失われる可能性もあり、日銀はこれまでの政策の効果を検証したうえで、21日に金融緩和のやり方を大幅に変えることを決めました。

この記事は有料記事です。

残り2053文字(全文2371文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 2月7日の宣言解除「現実的でない」 中川・日本医師会長

  3. 関西空港が「シャッター通り」 インバウンド消失でも、「V字回復」待つしか

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです