メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ハム4年ぶりV:11.5差大逆転 大谷満願15K胴上げ投手

リーグ優勝し胴上げされる日本ハムの栗山監督=西武プリンスドームで2016年9月28日、徳野仁子撮影

日本ハム4年ぶりV

11.5差大逆転 大谷満願15K胴上げ投手

 北の大地に歓喜の瞬間が訪れた。プロ野球の北海道日本ハムファイターズは28日、4年ぶり7度目となるパ・リーグ制覇を達成。2004年の北海道移転後、5回目の栄冠に輝いた。

大谷締め1安打完封

 マジック「1」での前夜の足踏みは、この人のために舞台が導かれたということなのだろう。日本ハムの大谷は、西武打線に全く付け入るすきを与えなかった。最大11・5差をひっくり返した大逆転優勝のフィナーレは、今季の主役が誰かを雄弁に物語っていた。

 優勝が懸かる異様な雰囲気の中、岩手・花巻東高の3学年先輩の西武・菊池と投げ合った大谷は一人、静かだった。「自分の番に回ってくるのもなかなかない。(菊池)雄星さんが先発なのも特別。こみ上げてくるものはあったが、常に淡々と冷静に投げられた」

この記事は有料記事です。

残り2715文字(全文3048文字)