メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア機撃墜

親露派地域から発射 中間報告

 【ブリュッセル八田浩輔、モスクワ杉尾直哉】ウクライナ東部で2014年7月に発生したマレーシア航空機撃墜事件で、オランダやウクライナなど5カ国の合同捜査チームは28日、ロシアから親露派武装勢力の支配地域に持ち込まれた地対空ミサイルにより同機が撃墜されたとの中間報告を発表した。撃墜者の断定は避けたが容疑者を100人まで絞り込んでいると述べ、親露派武装勢力による関与を強く示唆した。

 事件ではアムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空17便が高度1万メートルを飛行中に撃墜さ…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文796文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわの山本代表 次期衆院選「政権を取りに行く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです