メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア機撃墜

親露派地域から発射 中間報告

 【ブリュッセル八田浩輔、モスクワ杉尾直哉】ウクライナ東部で2014年7月に発生したマレーシア航空機撃墜事件で、オランダやウクライナなど5カ国の合同捜査チームは28日、ロシアから親露派武装勢力の支配地域に持ち込まれた地対空ミサイルにより同機が撃墜されたとの中間報告を発表した。撃墜者の断定は避けたが容疑者を100人まで絞り込んでいると述べ、親露派武装勢力による関与を強く示唆した。

 事件ではアムステルダム発クアラルンプール行きマレーシア航空17便が高度1万メートルを飛行中に撃墜され、乗客乗員298人全員が死亡した。

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです