体外受精

赤ちゃんに3人の遺伝子 米病院、遺伝病の女性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
異常なミトコンドリアを置き換える方法
異常なミトコンドリアを置き換える方法

 母親の卵子から遺伝情報を含む核を取り出し、別の女性の卵子に移植して受精させる方法で、父親を含む3人の遺伝子を持つ男児を出産させることに米ニューヨークの病院が成功したことが分かった。来月開かれる米生殖医学会の大会で発表する。3人の遺伝子を持つ子供が生まれるのは世界初とみられ、安全性や倫理面の問題を巡り論議を呼びそうだ。

 英科学誌ニューサイエンティストなどが報じた。男児の両親はヨルダン人で、母親はミトコンドリア異常が原因のリー脳症と呼ばれる遺伝性の難病のために、過去に2人の子どもを出産後に亡くし、4回流産していた。

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文834文字)

あわせて読みたい

注目の特集