メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「僕は不器用なんで、無理して小説を書いてきたところがあるんですが、最近やっと、自分が小説家なんだと思えてきました」=明治神宮外苑で、小川昌宏撮影

CM界の異才捨て 虚構に切り込む

 待ち合わせたのは雨上がりの東京、神宮外苑。イチョウ並木を抜けると、自転車の脇で雨がっぱをたたんでいた。髪は白いが、1985〜96年に放送された人気番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出ていたころと同じ締まった体つきだ。

 皆が爆笑する脇でむっつりしていたり、お笑い歌をまじめ顔で披露したり。動じない風格が異彩を放っていたが、テレビからぷっつり姿を消した。

 「世の中から忘れてもらおうと思った時期があったんです。一切露出しないようにして10年かかりました。…

この記事は有料記事です。

残り1661文字(全文1908文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  2. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 救急車が道を間違え搬送遅れ 男性死亡 消防局「因果関係ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです