メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

交通事故加害者

考える 外部からの支援重要 仙台でシンポ /宮城

シンポジウムで発言する草場裕之弁護士(左から2人目)ら=仙台市青葉区の市民活動サポートセンターで

 交通事故加害者やその家族を取り巻く現状について理解を深めてもらおうと、仙台市青葉区の市民活動サポートセンターで28日、「交通事故加害者家族支援を考える」と題したシンポジウムがあった。NPO団体や弁護士らが外部からの支援の重要性を訴えた。

 イベントは仙台市を中心に犯罪加害者家族の支援活動をしているNPO団体「ワールドオープンハート」(WOH)が主催。WOH理事長の阿部恭子さん▽犯罪被害者の支援をしている片山徒有(ただあり)さん▽交通事故加害者の弁護を担当してきた草場裕之弁護士▽仙台市議で保護…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  2. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです