メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま釣り情報

紀北 キビナゴ餌でタチウオ=宇井晋介 /和歌山

紀南 カンパチ、イサキ好調

 行きつ戻りつしながらではあるが、確実に秋の気配が忍び寄る。海中も一雨ごとに水温が低下し秋磯のシーズンとなってきた。あれほどウンともスンとも言わなかったポイントでも、季節が移れば釣れだすのは本当に不思議の一言。魚たちもそろそろ夏バテ解消か。

 【紀北】サビキでイワシが1人100匹以上。アジやサバ、チャリコ交じる。餌多いのでルアーやノマセで大物狙いも面白い。胴付き仕掛けでカワハギ。他にはコノシロ、イサキ、チヌ、ヘダイなど(マリーナシティ釣り公園073・448・0020)。ヒトツテンヤ、タイラバでマダイ34〜53センチ。小型リリース(釣船海竜090・5974・1716)。船からマダイ中心の釣り。マダイ35〜51センチ、アジ33〜44センチ、サバ38〜40センチ、イサキ32〜35センチ(幸福丸073・418・1066)。キビナゴの餌でタチウオ好調。型よく指4本以上。ルアーではタチウオの他ツバスやサワラが来る。ノマセでも狙える。餌釣りでチヌ32センチ、キビレ33センチ、マダイ39〜46センチ、グレ29センチ、シマイサキ25センチ。シラサエビでカワハギ。エギングは新子サイズから0・5キロまでだが、これからサイズアップ(シモツピアーランド073・494・0940)。

 【紀中】落とし込みでカンパチ45〜51センチ、マハタ60センチ、ヒラメ70センチ、マダイ75センチ…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 28年ぶり クロネコとシロネコを一新 ヤマトHD100周年で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです