メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

変化する地域を見守る=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 映画「シン・ゴジラ」と「君の名は。」が立て続けに大ヒットした。くしくも両作とも、自然災害の危機下における人間を描いたものだ。東日本大震災から5年たち、フィクションが災害を扱えるようになったということだろうか。私たちの中にも、あらためて災害を捉え直したいという気持ちがあるのかもしれない。

 東日本大震災で被災した地域の人々は、今はどうしているのだろうと思いつつ、とっかかりがなく距離をおいている人も多いのではないか。

 私は震災後に宮城県気仙沼市で手編みの会社を設立し経営している。いまの東北は、震災直後の悲惨な状況は…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです