メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

山本信一郎さん=宮内庁長官に就任した

山本信一郎(やまもと・しんいちろう)さん(66)

 「大変、重い大役を命ぜられた」。27日の就任会見の第一声は緊張を隠せなかった。「次長の時はどうにもならなくなると長官の部屋に駆け込んだ。今度は駆け込む所がない」。長官としての責務の大きさをかみしめる。

 宮内庁次長に就任した4年前は、皇室の活動を詳しく知らなかった。国民に寄り添い、国民の幸せを願う天皇、皇后両陛下の姿を直接知った次長時代は、感銘することばかりだった。

 座右の銘を問えば「特にない」と素っ気ないが、口調はいつも柔らかい。天皇陛下が生前退位の意向を示されたことを巡る報道が過熱したさなかも、記者対応での柔和な口調は崩れなかった。「温厚でまじめで気さく。でも議論に妥協はない」と周囲は語る。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです