メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関市

日本刀10振り ふるさと納税返礼品に 全国で初

ふるさと納税の返礼品に追加される日本刀を紹介する刀匠の尾川兼國さん(右)と尾関健治市長(中央)ら=岐阜県関市役所で2016年9月29日、立松勝撮影

 日本刀の名産地として知られる岐阜県関市は、ふるさと納税の返礼品として刀匠が作る日本刀を新たに追加する。寄付は500万円と300万円の2種類あり、それぞれ5振り限定で作刀される。10月3日から受け付ける。返礼品として日本刀を贈るのは全国で初めて。

 500万円の寄付には60代の熟練刀匠が作刀し、300万円の寄付には30代の新鋭刀匠が手掛ける。

 10振りはそれぞれ異なる刀匠が担当。10人は関伝日本刀鍛錬技術保存会に所属し、鎌倉時代から続く関鍛…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文604文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです