メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊洲市場

小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出

東京都の小池百合子知事=宮間俊樹撮影

 東京都の小池百合子知事は30日、豊洲市場(江東区)の青果棟がある街区の地下水から環境基準値を超えるベンゼンとヒ素が見つかったことについて「残念ながら数字に出てきた。引き続きモニタリングを行って安全性を確認する」と述べ、11月の9回目(結果公表は来年1月)で終了予定だった地下水モニタリングをさらに継続する意向を示した。

 新国立競技場の関係閣僚会議に出席後、報道陣に答えた。今回の有害物質検出が、築地市場(中央区)からの移転に関する小池知事の判断に影響する可能性が高くなった。

この記事は有料記事です。

残り221文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 世界王者・山西、男子5000m競歩で「想定内」の日本新 「喜ぶほどでない」

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです