メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外拳銃強奪 男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
政府税調

海外子会社の課税強化 「実体なし」日本に合算

 政府税制調査会(首相の諮問機関)は29日、総会を開き、国際的な課税逃れ防止の強化策について議論した。政府は、日本企業の海外子会社の所得について、日本の親会社と合算して課税する対象を拡大する方針。政府税調は、制度設計などを議論したうえで、政府・与党の2017年度の税制改正に盛り込むことを目指す。

 現在、課税逃れ対策として導入している「タックスヘイブン対策税制」では、法人税の実効税率が20%未満の国・地域の子会社の所得を日本の親会社に合算して課税している。だが、子会社が実体のないペーパーカンパニーでも、現地の税率が20%以上なら適用されず、課税逃れを許す可能性があった。

 そのため、日本の親会社と合算して課税する基準を、対象国の税率から事業実体の有無に切り替える。子会社…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文868文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです