山崎豊子さん

墓所、初の一般公開 大阪・藤次寺

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 社会派小説など数多くの作品を生んだ作家、山崎豊子さん(1924〜2013)の没後3年になる命日の29日、大阪市天王寺区生玉町にある菩提(ぼだい)寺、高野山真言宗「藤次(とうじ)寺」内の墓所が初めて一般公開された。墓にキクやリンドウが手向けられ、傘を手にお参りするファンの姿があった。公開は10月2日までの午前10時〜午後5時。

 命日は今夏、「豊子忌(とよこき)」と名付けられた。これを機に、作品などを管理する山崎豊子文化財団(山崎定樹事務局長)が、ファンへの恩返しの意味を込めて公開した。墓は一周忌に設けられ、隣にはデビュー作「暖簾(のれん)」から遺作「約束の海」まで28の作品名が刻まれた石碑がある。

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文420文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集