人工知能

募金応援ソングを作曲 フォークデュオも協力

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 大阪大と東京都市大の研究チームは29日、人工知能(AI)と人間が共同で作った曲「akaihane(赤い羽根)」を発表した。開始70年を迎える「赤い羽根共同募金」の応援ソングとして、奈良県共同募金会が作成を依頼した。10月1日、奈良市の式典で披露され、全国の募金活動でも使われる。

 作曲には、AIを使った自動作曲システムを使用。応援ソングを歌うフォークデュオ「ワライナキ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文463文字)

あわせて読みたい

ニュース特集