連載

音楽の窓から世の中を眺めて

ジャーナリスト、江川紹子さんの音楽コラム。クラシックナビ連載。

連載一覧

音楽の窓から世の中を眺めて

さよならボータさん。そして、ありがとう

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2015年バイロイト音楽祭「ワルキューレ」でジークムントを熱演するヨハン・ボータ=Bayreuther Festspiele(C)Enrico Nawrath
2015年バイロイト音楽祭「ワルキューレ」でジークムントを熱演するヨハン・ボータ=Bayreuther Festspiele(C)Enrico Nawrath

江川紹子

 テノール歌手のヨハン・ボータ氏が亡くなった。享年51歳。まだまだ若いのに……。

 ナマの舞台はもちろん、DVDや映像で見ても、彼の存在感は格別だった。何と言っても忘れられないのが、2011年秋のバイエルン州立歌劇場来日公演。3月に起きた原発事故の影響で、来日を拒否する音楽家が相次ぎ、「ローエングリン」のタイトルロールを演じるはずだったヨナス・カウフマンも、この年に予定されていた来日公演をすべてキャンセルした。代わりにタイトルロールを演じたのが、ボータ氏だった。

 ボータ氏は、公演が始まる前の記者会見で、次のように語った。

この記事は有料記事です。

残り4594文字(全文4861文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集