メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

やっぱり気になるノーベル賞 来週発表、アクセス数増 権威好き国民性!?

日本科学未来館で始まったノーベル賞についてのサイエンス・ミニトーク=東京都江東区で2016年9月18日午後1時42分、渡辺諒撮影

 ノーベル賞の発表がいよいよ来週に迫った。受賞者を予測する記事や、有力候補の業績などを紹介するインターネットサイトへのアクセス数が増えている。日本人が受賞すれば、これまでと同様、国内には喜びの声があふれるはずだ。この賞はなぜ日本人を魅了し続けるのだろうか。【渡辺諒】

 ノーベル賞(自然科学系は10月3〜5日)の発表を控え、日本科学未来館(東京都江東区)で9月18日、有力候補者を紹介する「サイエンス・ミニトーク」が始まった。家族連れなど約40人が集う中、東京都三鷹市の男性会社員(28)は「ノーベル賞は毎年注目している。日本人が受賞した時は、なんだか誇らしい気分になるんです」と語った。

 賞への関心の高さをうかがわせるデータがある。未来館では毎年▽医学生理学▽物理学▽化学−−の自然科学…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1293文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. ことば AYA世代

  4. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

  5. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです