メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

塩釜で復興住宅入居式 空き室多く、対象広げ再募集も 清水沢東地区 /宮城

 塩釜市最大の災害公営住宅(復興住宅)となる清水沢東地区(計3棟170戸)で30日、1、2号棟の入居式と、市の「老人憩の家」を移転・併設した集会所の開所式があった。これで入居済みの3号棟(31戸)を含め、同地区のすべての復興住宅が完成。しかし1、2号棟の計139戸のうち、入居者は50世帯にとどまっているため、市は市外の被災者にも対象を広げて再募集する。

 1、2号棟はいずれも鉄筋コンクリート6階建てで、1LDK〜4DKの6タイプある。うち1号棟はペット…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです