メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小田原城

常盤木門SAMURAI館きょうオープン 武具に特化した展示 よろいかぶとや刀剣など外国人旅行客を意識 /神奈川

よろいかぶとが並ぶ「甲冑コーナー」=SAMURAI館で

 小田原城常盤木門(小田原市城内)に1日、新たな観光施設「常盤木門SAMURAI館」がオープンする。今年5月にリニューアルオープンした天守閣と連動させ、よろいかぶとや刀剣類など、外国人も含めた観光客に人気が高い武具に特化した展示をする。

 常盤木門は本丸の正面に位置する。升形の構造で、観光客がくぐり抜ける「渡り櫓(やぐら)」の2階部分が展示スペースになっている。

 これまで「小田原城ミューゼ」としてガラス作品の美術館があったが、2014年9月末で閉館。リニューア…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文698文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです