メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

民進党のリベラル嫌い=伊藤智永

 オリンピックに沸いた夏が終わって秋、日米は政治論戦の季節を迎えた。弁舌の達人たちによる言葉の戦いを堪能したい。

 と思いきや、日本の臨時国会に出はなをくじかれた。安倍晋三首相の所信表明演説の終わり近く、海上保安庁、警察、自衛隊をたたえようという呼びかけに応え、自民党議員らが総立ちで拍手したハプニングである。

この記事は有料記事です。

残り1691文字(全文1845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです