メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイッター

肖像権侵害 新潟地裁が投稿者情報開示命じる

 ツイッターでの虚偽投稿に娘の写真を無断転用され、肖像権を侵害されたとして、新潟市秋葉区の社会福祉士、大嶋陽さん(38)夫妻がプロバイダーの「つなぐネットコミュニケーションズ」(東京都)に、投稿者の個人情報開示を求めた訴訟の判決が30日、新潟地裁であった。近藤幸康裁判官は「投稿は本人の承諾があったとは言えず、肖像権の侵害に当たる」として、同社に投稿者の住所とマンション名を開示するよう命じた。

 原告側弁護士によると、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上に無断で投稿された画像の肖…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し

  4. 東名あおり運転控訴審 初公判で即日結審 危険運転致死傷成否が最大の争点 東京高裁

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです