メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 保護主義助長を注視 佐々江駐米大使、両候補TPP反対に

 【ワシントン西田進一郎】佐々江賢一郎駐米大使は9月30日の記者会見で、米大統領選について「民主、共和両党の候補が貿易について非常に後ろ向きの立場を表明し、米国の保護主義的なムードを助長している。どう大統領選、(連邦)議会選に影響を及ぼすか注目しなければならない」と語った。両党候補が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)に反対…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです