メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
けいざい・因数分解

167万5100件 新電力への切り替え 鈍る勢い、差別化課題

 家庭向けの電力小売りが4月に自由化され、半年が過ぎた。これまでに約100社の新規事業者(新電力)が参入、約70社が参入を予定している。新電力は、割安な料金や本業と組み合わせたサービスを武器に数字を伸ばしており、8月末時点の大手電力会社からの切り替えは167万5100件に達した。ただ、切り替え件数は全国の対象契約件数の2・7%にとどまり、伸びは鈍りつつある。識者は「新電力は価格やサービスでさらに差別化を図るべきだ」と指摘する。

 経済産業省の認可団体「電力広域的運営推進機関」によると、3月31日時点の切り替え申し込みは51万1…

この記事は有料記事です。

残り1271文字(全文1536文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  3. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 図解で納得 停電した時の対処法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです