メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『日の沈む国から 政治・社会論集』=加藤典洋・著

 (岩波書店・2160円)

 『人類が永遠に続くのではないとしたら』(2014年)、『戦後入門』(15年)といった話題作を出してきた批評家が、その前後にさまざまな媒体に発表した文章をまとめた。米紙に定期執筆したコラムの日本語原文を中心に、戦後論、3・11後の核問題を論じたものなど興味深い論考は多いが、あまり知られていない一人のジャーナリストに関して書かれた二つの文章に注目した。

 ジャーナリストとは1975年に行われた昭和天皇の記者会見で「天皇の戦争責任」について質問した中村康…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  2. さくらももこさんのカメが静岡の動物園に きょうから公開
  3. 著しく低下するメイ首相の求心力 労働党への譲歩に反発 「即時辞任」圧力強まる
  4. メイ英首相が辞任表明 EU離脱巡り
  5. 滋賀の名神道で多重事故 30人以上けがか 2人意識不明 草津JCT付近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです