メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『透明迷宮』=細江英公・写真、笠井叡・舞踏・文

 (平凡社・7344円)

 笠井叡(あきら)の研ぎ澄まされた舞踏を、細江英公(えいこう)のカメラが捉えた写真集。ページを繰るごとに、鬼才同士の丁々発止が立ち上ってくる。「静止する躍動」「継続する瞬間」が、モノクロームで切り取られた。

 写真35枚の間には古典の引用と、それを受けた文が配されている。例えば冒頭、謡曲『卒都婆小町』の一節に続くのは、こんな詞章だ。

 <光の雲が流れる。人のカラダは完成体ではないが、このカラダを創った創造者は(中略)自分の全存在を、…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文485文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. ピエール瀧被告に判決 懲役1年6月、執行猶予3年 麻薬取締法違反で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです